ストレートネック 症状 痛み しびれ 肩こり 吐き気

ストレートネックの症状は痛み、しびれ、肩こり、吐き気があります。

本来の緩やかなカーブを描いている
首の骨がストレートに変形してしまうストレートネック。

 

ただ姿勢が悪いというだけでは済まされません。

 

ストレートネックになってしまうと様々な体の不調を来します。
その中でも基本的な症状をご紹介しましょう。

 

首の痛みを感じる

症状 痛み
本来首の骨は緩やかなS字カーブを描いていて
5kgもの頭の重さを分散させて支えています。

 

しかしストレートネックになってしまうと
頭の重さが一部に偏ってしまい予想以上の負担をかけているのです。

 

さらに長時間のスマホ操作やパソコンなどのデスクワークのうつむいた姿勢です。
角度によっても違いますが20kg程の重りをつけているようなものです。

 

このように継続的な首への負担は首の痛みとなって現れるでしょう。

 

日常的に肩こりを感じている

首には頭と体をつなぐ重要な動脈が通っています。

 

本来の首の骨の形が変形してしまうストレートネックであると
圧迫されて血流が悪くなってしまいます。

 

血行不良は日常的に肩こりを招いたり
冷え症にもなりやすいと言えるでしょう。

腕や手に痺れを感じる

首には体の身体機能を司る神経がたくさん集まっています。

 

ですから首への障害だけでなく
体の様々な部分に症状が出てくることは想像できますよね。

 

ストレートネックによって頚椎椎間板が圧迫され
神経に影響を与えると、手や腕に痺れを感じることがあります。

 

ストレートネックによる痺れの症状は
かなり悪化した状態である可能性が高いです。

 

また常に強い痺れを感じる場合には、ストレートネックとは
別の障害である頚椎椎間板ヘルニアと呼ばれる障害かもしれません。

 

特に痺れに関しては様々な病気が
隠れていることもあるので、早めの受診をオススメします。

吐き気を感じることがある

ストレートネックが原因で吐き気を感じる人もいます。

 

首の骨と骨をつなぐ頚椎椎間板という軟骨が変形したり
飛び出してしまうと、吐き気を引き起こす神経を圧迫してしまうことがあります。

 

ストレートネックによる吐き気は薬で抑えることが可能ですが
ストレートネックを治さない限りは根本的な解決法ではありません。

 

ストレートネックでは常に神経を圧迫している
状態なので、ストレートネックそのものの治療が必要です。

まとめ

ストレートネックによる症状は全身に現れるといえます。

 

それはストレートネックが首の障害であると同時に
全身に影響を与える部分であるからです。

 

症状に個人差はありますが、特に痺れや吐き気は生活に
支障を来す不快な症状なので、早めの治療で解決したいものですね。

まったく新しいストレートネック枕!!




スローコアフルパックEXは、「ストレートネック」
「体の歪み」をわずか7分で矯正する矯正枕です。

  • 電気や薬を使わない
  • 整体やマッサージより安上がりで矯正ができる
  • 11大特典が無料で付属!!
  • 枕の寿命が10年想定で一般の枕と比べると3〜4倍も長い
  • プロトレーナーも太鼓判!!

公式サイトはコチラ