ストレートネック 治す方法

ストレートネックを治す方法〜テニスボール、タオル 、筋トレ

スマホ社会になりつつある今、ストレートネックが問題となっています。

 

無理な姿勢を続けた結果、本来あるはずの
首の骨のカーブが失われたストレートネックという首の障害です。

 

肩こりや首の痛みを始めとする体全体の
不調が起こるので、できる限り治すための努力をしてみましょう。

テニスボールで治す

治す 方法
ストレートネックになると後頭部の下の部分に
ある間接が狭くなって、肩こりや頭痛が起きるのだそう。

 

その部分をテニスボールで広げて改善していく方法です。
用意するものはテニスボール2つと2、3pの分厚い本です。

 

2つのテニスボールをガムテープで巻いて固定させます。
仰向けに寝て後頭部と頚椎の窪みにこのテニスボールを置くようにしてください。

 

本はテニスボールが動かないようにストッパーの役割を果たします。

 

後頭部を押し付けた状態で少し体を下に落とし
圧力が斜め上にかかるようにするのがポイントです。

 

これを1日3分を目安に行ってみましょう。

オルで治す
手軽に身近なもので治したいなら、タオルがオススメです。
タオルを使ったストレートネック改善法をご紹介しましょう。

 

用意するものはタオル1つのみ。
まずはタオルを首にかけます。

 

タオルの位置は髪の毛の生え際部分で
手の位置を短めに持つようにします。

 

そして軽く下方向に引っ張ります。

 

このとき強く引いてしまうとかえって首を痛めてしまうので
腕の重みをかける程度にしましょう。

 

この状態でゆっくりと5秒かけて首を後ろに倒していきます。
最後にまた5秒かけて首を元に戻します。

 

これを1セットとし
1日5セットを目安に行ってみましょう。

 

タオルを補助的に使い、首の骨を元のカーブを
描いた状態に戻していくことができます。

 

くれぐれも強く引っ張らないことが重要ですよ。

 

筋トレで治す

姿勢を変えるだけでストレートネックの辛い症状を改善する
だけでなく、痩せやすい体を作る筋トレ法をご紹介しましょう。

 

上体反らし

肩幅程度に足を開いた状態で立ち
両手を後ろの腰の辺りで組みます。

 

ゆっくりと息を吐きながら
首と上体を後ろに反らしていきます。

 

その時に後ろで組んだ手も上に上げていきます。
この姿勢のままゆっくり深呼吸を2、3回行ってください。

 

息を吐きながらゆっくりと元の姿勢に戻していきます。

 

まとめ

ストレートネックをすぐに手に入るテニスボールやタオルで
簡単に治す方法や改善筋トレ法をご紹介しました。

 

自宅で手軽にできるのでお金を
かけたくない方にはかなりオススメな方法です。

 

ただし痛みを感じる場合には
無理をせず様子を見ながら行ってくださいね。

まったく新しいストレートネック枕!!




スローコアフルパックEXは、「ストレートネック」
「体の歪み」をわずか7分で矯正する矯正枕です。

  • 電気や薬を使わない
  • 整体やマッサージより安上がりで矯正ができる
  • 11大特典が無料で付属!!
  • 枕の寿命が10年想定で一般の枕と比べると3〜4倍も長い
  • プロトレーナーも太鼓判!!

公式サイトはコチラ