ストレートネック 整形外科

ストレートネックの病院(整形外科)で受診と治療の流れについて

肩こりや首の痛み、頭痛などを感じる
場合には、ストレートネックが疑われます。

 

しかし気になる症状があっても、
病院にはなかなか足が向かないという方もいるかもしれませんね。

 

それは病院での治療がイマイチ分からないからではないでしょうか。
では病院とストレートネックについて説明していきましょう。

 

まずは整形外科を受診

病院 
肩こりや首の痛み、頭痛などの自覚症状を認める
場合に病院のどの科を受診すればいいのでしょうか。
 
ストレートネックの診察を受けるには整形外科の受診が基本です。

 

整形外科ではまず首の骨(頚椎)の
レントゲンを撮り、骨の形状を診ます。

 

その結果本来あるはずの緩やかなS字カーブが
見られない場合に、ストレートネックであると診断されます。

 

また他に合併症がないかどうかも診察をします。

 

治療の流れとは

整形外科でストレートネックであると診断されると
MRIを用いてさらに詳しい診察と症状の進行状況を診ていきます。

 

診察の結果ストレートネックの症状が進行した状態であっても
基本的に手術は行わないのが通常です。

 

牽引などの矯正を始め
痛みが強い場合には炎症を抑える薬が処方されます。

 

しかしもしこれらの診察で、複数の合併症が
認められると手術も視野に入れなければなりません。

 

頚椎に関する疾患には、ストレートネックの
他に頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症などが挙げられます。

 

これらの疾患はストレートネックが引き金となり
悪化したことによって、併発すると考えられるものです。

 

病院で手術が必要と診断されたケースでは、上記のような
ストレートネック以外の疾患を併発していることになるはずです。

 

手術をする場合にはリスクなども含め
不安が解消するまで医師と相談をしましょう。

 

自分でも意識する

例え病院に通って治療していても、根本的な
原因が改善されなければ効果は半減してしまうかもしれません。

 

日々の姿勢や生活環境を見直し
自分でも意識することが重要です。

 

病院任せではなく、自分でも治す努力を欠かせな
ければストレートネックの症状とはサヨナラできるはずですよ。

 

まとめ

病院での診察や治療が分からないと不安ですよね。

 

医師に納得のいくまで症状や治療の流れを確認したり
自ら頚椎疾患の最低限の知識を身に付けておくことも大切なことです。

 

ストレートネックは長期間の姿勢の悪さから
きているものなので、1日2日で治るものではありません。

 

治療が長期戦になるかもしれません。

 

また症状が緩和されたとしても、日々の正しい姿勢を意識付けましょう。

まったく新しいストレートネック枕!!




スローコアフルパックEXは、「ストレートネック」
「体の歪み」をわずか7分で矯正する矯正枕です。

  • 電気や薬を使わない
  • 整体やマッサージより安上がりで矯正ができる
  • 11大特典が無料で付属!!
  • 枕の寿命が10年想定で一般の枕と比べると3〜4倍も長い
  • プロトレーナーも太鼓判!!

公式サイトはコチラ